作成者別アーカイブ: Rie

Rie について

ATJ広島校専任教師 理学療法士 日本体育協会公認アスレティックトレーナー NPO法人日本メディカルアロマテラピー協会認定アドバイザー 2010年より、 ATJ長崎校にてアレクサンダーテクニーク教師養成トレーニングを開始 2013年 卒業  広島を拠点にアレクサンダーテクニーク教師として 意識的調整ワークを基本にマインドモデリングの 個人ワークやグループワークとして指導している 1993年 理学療法士免許取得 2001年 日本体育協会公認アスレティックトレーナー取得 2008年 NPO法人日本メディカルアロマテラピー協会認定アドバイザー

学習法

年に2回開催している
「マインドモデリング」

毎日の生活に発見があり、
そこを見直して行くと、
日々多くのことを学んでいることになるでしょう~
しかし、学んでいるつもりはないかもしれません。
いや学んでいないかもしれません。

学んでいないということは、
そのように何かしら学習の習慣がご自身の中に存在しています。

学習が学校へ行って学ぶこと
大人になってもセミナーやワークショップにでかけて学ぶことが
学習だとすると、学習の題材はもっと身近なところに転がっているかもしれませんし、学ぼうとしているのはご自身ですから、
そのご自身がご自身の学び方について見直している。

最近は、プライベート学習がはやりだそうです。
(NHKニュースの一コマで紹介されていました)

「おとなの学習塾」
「おとなの家庭教師」

そんなニュースを耳にすると・・・
意識的調整やマインドモデリングは
なかなか最先端をいっているなあ~と(笑)

マインドモデリングの開発者は、
ずっと以前から大人も子どもも個別学習を進めており、
http://ccws.jp/escool-hiroshima/
大変な子供たちと接する中で、発見した手法が
http://www.nlpj.jp/mind.html

結果的にどんな方の問題かいけるに役立っているか?と
一例を挙げると・・・
・試験を控えている方
・本を読むのが苦手な方
・もっと早く本が読めるようになりたい方
・暗記・記憶力のアップを臨んでいる方
・たくさんの情報を処理したい方
・仕事で心身が疲れやすい
・人間関係のストレス
・目が疲れやすい
・視力をどうにかしない など

学習法・精神的な問題・肉体的な問題が混在しているようにも見える。
しかし・・・
従って当時の私は、人間の病気・不具合・欠点などは分類可能と信じており、つまり、「精神的」か「肉体的」問題か、どちらかひとつに診断でき、治療にあたっても、「精神的」か「肉体的」か、どちらか決定した線に従えばそれでよしと思い込んでいた。しかしながらその後、この思いを放棄せざるを得ないところへ自らの実践と体験で導かれていった。(「自己の使い方」FMアレクサンダー著/横江大樹訳)

心と体はひとつだよね~と頭ではわかっていても、
実際世の中はそのような動きとは違った方向へ動いており、
わかりやすい例では・・
お腹が痛くて病院にかかっても、それは盲腸かもしれませんから、外科に行ってください→検査結果特に異常なないので、もしかして学校に行きたくないとかありませんか?→ちょっと心療内科を受診してみてください→などどんどん診療科目を回されていき、それで疲れてしまいますが、それが当然のごとく動いています。

携帯電話・・・
一般に普及しだしたときは、便利なものができたと思いました。
しかし、どんどん開発が進んで行くにつれて、
通話用・スマートフォン・防水用・カメラに特化したもの、ビデオに特化したもの
ひとつの特別な機能が売りとなり、2台持ちも当たり前で
持ち歩きに大いに荷物になったり・・・

分離した世界がふつうに機能している世界で私たちは暮らしています。

「学習」とは、特別なことではなく
今目の前にあるものをどのように観察し、どのように考えていくか?
その一つ一つに大きな学びがあるとすれば、
「学習」するための「学習法」を学ぶ位置に
マインドモデリングはあるでしょう~

マインドモデリング

マインドモデリングの進行度合いはどうですか?
と時々、生徒さんに聞きますが確かに答えづらい~

私も本を読むときは、映像処理して読みます
だから何なのですが・・・
ATJでは、MMについてまとめる話があり、
MMトレーナー3人ともそれぞれMMについてまとめている最中です。
これが本になると思えば、夢が広がるのですが、
本にまとめるとなると、やったことがない作業なので
先が見えませんが、やるべきことを一つずつやっている段階で
このまとめる作業が、想像以上に大事な作業であることに気がつきました。

MMのワークは現在進行形でありながら、
まとめる作業において深めていっていることを実感しつつ
同時進行で自分のMM進行度合いを確認。

まさにMMで同時にいろんなことが起こっています。
勉強することに対して不慣れな私ですが、
今はワークがない時間はPCの前でずっと作業しています。
疲れてくると、横になるワークをやりながら、時々寝ていたり~

基本的にPCの前には一日いれないタイプなのですが、
横になっているか?PCの前にいるか?ってところです。

一度は全部書いてみました。
その時は、1つの項目に1週間以上かかったときもあります。
0~9番まで書き上げたかったけど、2つは残して7つ。
これに2ヶ月以上かかりました。

今、1日に1つの項目ぐらいのペースで書き換えをしています。
書き換えといってもほとんど書き換えている状態ですが、
一度悩んで書いた時期があるので、
今回もそれなりに頭をフル回転していますが
以前よりはるかに短時間で書いています。
書きながら納得できていないところもありますが、
今はこの程度!!ということで、次に進み、

また2月になったら、一から見直して書き換えようと思っています。
その時は、納得いかなかったところも
また違った視点で書けるかもしれません。

しかし、超体育会系の私が、体育以外のことについて
まとめていること自体にマインドモデリングのすごさを感じます。
書きながら新しい疑問点・・・このへんをもっと追求したら面白そう?とか
アレクサンダーテクニークもこんな切り口で話したらどうかな?
とかいわゆる私のエニアグラムで言う3番好奇心が自然にわいてきます

たぶん、脳はかなりストレスは受けているはずです。
産みの苦しみ的というイメージですが、
考えることに苦痛はないけど、かなり脳は追い詰められてはいるのでしょうが
その時間が淡々と過ぎてきます

脳が追い詰められ(ポジティブな意味で)
ピンホールメガネを書けている時間が長いので、
夕方外へ出ると視野が広がっています。

毎日どんなことが起きるか?楽しみにしているところもあります。
今日は、なんとなく他のことをしてもいいかなあ~と思えたので

今の率直な自分を書き留め、
これからHPのことを少しやろうかな~

寝る前に速読して寝ようと思います。

<広島開催>マインドモデリング9/27-28

マインドモデリングワークショップ

日程:9月27日(土)・28日(日)
会場:27日(土)山根町東集会所(広島市東区山根町11-27)
28日(日)山根町西集会所(広島市東区山根町32-7)
時間:9:30-17:00(グループワーク定員4名)
受講料:5万円(ピンホールメガネ付き)
再受講の方は半額
教師:岡田利恵(ATJ広島校専任教師)

 

DSCN6165

マインドモデリングは、
今まで私たちは様々な方法で学習をしてきました。
学習とは、机に向かって勉強するだけでなく
日々の生活の中でも、気づき、考え、新しい道筋へすすんでいく~

マインドモデリングは
いわゆる学習・・・机に向かって学習(仕事)をする方々だけを対象に
しているわけではなく、子供から大人・高齢の方々まで誰でも学べる
手法です。

しかしこの度は、大人が対象としておきましょう~
この年になると・・・物覚えが悪くて~
仕事が残業続きで疲れるんだよね~
大量の資料を読むのがたいへんで~
今度資格試験があるんだ~

そのような方には、ぜひマインドモデリングを学習して頂きたい

そしてこのワークの開発者は、
不登校の生徒さんと接するうちに、
彼らが心身共に健康になるためには・・・
まともに小学校も出ていない生徒さんが大学に行きたいと
言いはじめたので、加速的に学習をする手法は・・・?

そんな中でマインドモデリングは生まれました

一言で言うと、
脳や全身の厳密な調査の元に、
全脳全身を開発していく画期的な手法

 

このワークを受けた方の感想としては
・情報処理スピードがあがったと共に、
眼精疲労が減った
・速読ができるようになりたかったけど、
もちろん速読はできるようになったし、
メガネやコンタクトが必要ではなくなった
・肩こりや腰痛が楽だ~

などのご感想もあります。

DSCN6189

今までの学校教育とは違う方法で
学んでいきます。
学んでいる感じはないかもしれません。
今までには経験ないとしたら、
何かと比較すらできない~

脳細胞は、新しい細胞が生まれ、
古い細胞は死滅します。
以前は、20才を越えると脳細胞は減る一方だとも
言われていました。
しかし、現在は、20才を越えても細胞は生まれ変わっている
と言われています。

私たちの未知の能力を開発していきましょう~

●お申し込み・お問い合わせ先●
alexander.hiroshima@gmail.com
090-1874-4067(オカダ)

 

 

 

 

 

 

広島開催~視覚からはいる心身調整終了~

7月13日(日)
広島にて『視覚からはいる心身調整』を開催しました。
名称が変わって初開催です!

今回の教師としての実験は、
視覚という入り口から、自分の心身を観察してみよう~
というタイトル通りの実験!!

参加者の方は、『近視系』
意識的調整10回コース
視覚から入る心身調整も再受講
その他グループレッスンも時々参加してくださっていた方々!!

目・脳・神経系・筋骨格系・全身・思考・・・と内容は盛りだくさんですが
MM(マインドモデリング)は通常2日間かけて行うワークで
その中で目に特化しても1日ではおさまらないほど入り口がありそうです

実は、教師側にも未知数・・・
去年からほぼ2ヶ月に1回の開催・・その中にMMが2回ほど入っていますから、この度で5~6回

同じようで同じでもなく・・・
全く違うかと言えば、原理は同じで進んでいる・・・
20140713MM-6

過去も含め、参加者の方は近視の方の割合が多い。
私が近視と言うこともありますが、現在人口の6割以上は近視であると
言われており、近視は病院ではメガネかコンタクトを合わせることが
治療の主流になっていますが・・・

みな様のお声を聞いていると、
パソコン仕事で肩が凝る・眼精疲労が強い・体が疲れやすい・・・
イライラする・・・

メガネやコンタクトでくっきり・はっきりみえるようする技術は発達してきたと言えますが、そもそも何故近視になるのか?
同じ社会に生きていて、近視になる人・ならない人・・・多種多様!!

大草原に住んでいる人と、文明社会に生きている私たち!!
世界各地で未だに原始的な生活をしている方々をTVで見かけることがありますが、メガネをかけている人はあまりみたことがない。

きっと、コンタクトをしているのでしょうか?
それはほぼ考えづらい・・・とするとその環境で必要な目の使い方・心身の使い方をしている可能性があるのでは?

近視の方は、メガネやコンタクトをかける必要がなければ
もっと楽なような気がする・・・このまま行くと、どんどん悪くなっていくから??とおっしゃって来られる方が多い。

では、メガネやコンタクトがいらなくなったら
どんな自分になりたいのか?どんな生活ができているだろうか?

もし、近視になるような使い方をしてきたのならば、
近視を無くす使い方もできるはず・・・これは実験です

近視だけ??
遠視はくっきりはっきりみえても遠視系の特徴があったり、
老眼・その他の目の不具合は、不具合になるような使い方をしてきた可能性があるとしたら??それがなくなるとどうなるのか??

 

20140713MM-5

今回は、リピーターの方々だったので、
過去ワークの中でもう一度やってみたいエクササイズ、
ちょっとやり方に自信がないものを再度やってみたい!!
という質問に答える程度最小限のエクササイズ指導

 

20140713MM-7

視覚という入り口をノックし、
脳や全身を調べていくというツールは
新たな未知への道の開拓なった

 

20140713MM-8

 

 

 

 

<広島開催>視覚から入る心身調整

『マインドモデリング』・・・一言で言うと、

全脳開発・全身調整・加速的学習・・・

いろいろな視点から見ることができます。

そう~見る・・・

『視覚』というテーマで本を探していくと、

脳は目であり、目は脳である。

受精卵が成熟していく中で、既に4週ぐらいから

脳の一部が形を表してきます。

その中に目も含まれており、

6週目ぐらいになると、耳もできはじめます

もちろん脳の分化の一部として・・・

 

 

外界からの情報の取り入れ、貯蔵、出力・・・

もしかしたら、

日頃のイライラ・仕事がスムーズに運ばない・記憶力が・・・

直接的に目のトラブルを抱えていなかった方も

大いに関係していいるかもしれませんね!!

目のトラブルがある方・ない方関係なく・・・

一度ご参加ください。

 

 

 

●視覚から入る心身調整●

日時:7月13日(日)

会場:山根町西集会所

時間:9:30-17:00

受講料:12000円(ピンホールメガネ付き)

再受講の方は10000円

教師:岡田利恵(ATJ広島校専任教師)

池田智紀(ATJ岡山校専任教師)

●お申し込み・お問い合わせ先●

alexander.hiroshima@gmail.com

090-1874-4067(オカダ)

マインドモデリング終了2014/03/29.30

3月末に開催した 「マインドモデリング」

ずいぶん記事が遅くなりました

DSCN6145

 

今回、内容の分量が多くて どの方向から文章を書くか??

迷いに迷って・・・ 何度も書き換えては「保存

「学習」と言って思い出されるのは、学校での授業!!

いろんなセミナー・ワークショップも それに準じるような方法

先生が生徒に教える”スタイルで行われることが 多いのではないでしょうか?

ここではそんな授業も少しはあるかもしれませんが、 ないことが多いかも知れず・・・

それぞれがどのように・思い・見え・体感したのか??

DSCN6165

 

人はいつもどんな方向へ進んでいるのか?? 自分の思う方法であることが多く、 それは自分が得しそうとか? こっちが正しいと思う方向であるとこが多い。

では、意識して自分の正しいと思う方向とは 全く逆の方向へ進んでみたら

どうなるのか?

なりきって反対の意見を述べてみる・・・

たくさんの収納ができて、見出しがあって 即座に必要な時に、

引き出せるタンスがあると 便利だと思います。

冠婚葬祭などになると、 女性はストッキングあったかな?

男性は白のネクタイor黒のネクタイどこだったっけ??

などよくあるかもしれませんが・・・ 引き出しが少なく、

そこへいろんな物が ギューギュー詰め!!

それは欲しくないかもしれませんね~

DSCN6174

即座に引き出すこどもでき、 何でもとりあえずしまっておけるくらい

たくさんの引き出し

 

本を読む時、映像が浮かぶ人もいれば、 内容を理解しようと脳をフル回転したり、

へ~これ面白い!! さみしいなあ~

美味しそう~など

調べてみると 優先的に働いている感覚器がありますが、

全ての感覚器は、同時に動いており、

映像が見えているから、何かにぶつかることもなく歩くことができ、

歩いている時は、歩いているだけでなく、

見えていて、車の音やことりのさえずりなども同時に聞こえている はずです。

今までは優先的に働いていた感覚器を 自動的に

全部同時にフル回転させてみる??

 

そうなると、勉強は机に向かって行うことや 授業は先生に教わる。

本は座って読むなどの方法は

そこに存在してもいいけれども、必要がないかも?知れず あるいは、

はじめから存在しないかもしれません

 

DSCN6179

 

未開の地がどんどん開拓され、 新しい植物が存在し、

新しい世界が開かれてくるかのように

全身・全霊を通じて私自身も開墾していく

DSCN6189

●参加者のみなさまから●

●一日中メガネをかけずに過ごせたことに驚きです

●もう既に今までのような本の読み方ができなくなった。

新しく自分が習得した方法で進めていきます

●やりたいことで何でもできるようなそんな気持ちになり

読みたい本やDVDをたくさん買ってしまいました~

●本当に学べているのか?わかりません。

でも、自分が楽だし、あっと言う間の2日間でした